タンパク質は摂りすぎると太るというイメージがあり、私達人間も摂りすぎないように気をつけているのですが、このタンパク質は量が少なくなってしまうと体の構成が維持できなくなります。
ワンちゃんの場合でも同じで、タンパク質が不足すると体の臓器や爪や毛や筋肉といった生きていく上で基礎になる部分に影響が出てきます。
そんな中開発されたのが高タンパク質のドッグフードで、良質なタンパク質を濃縮して配合してあるので、一度に沢山のタンパク質を体内に摂り入れる事ができるので、少ない量しか食べないワンちゃんでもしっかりとタンパク質を摂る事が出来ます。

ここで心配なのは沢山ドッグフードを食べるワンちゃんになると思うのですが、高タンパク質のドッグフードを沢山食べたからといって体に影響を与える心配はなく、逆に少なくなる事が問題とされています。
ですので、沢山ドッグフードを食べるワンちゃんは、その分運動量を増やしてあげる事で、ちょうどいい環境を作る事ができるようになっているんですよ。
そして、高タンパク質が一番効果を出してくれるのが、年をとった老犬への食事で、少ない量で沢山のタンパク質を摂る事ができるので、健康的な毎日を送れるようにしっかりとサポートしてくれます。