仔犬は1歳までのワンちゃんの事をいうのですが、この時期は人間でいう成長期という時期で体の様々な組織が生きていくために必要な形へと成長していきます。
しかし、成長するまでの間は成犬と違い粒が硬いままや大きいドッグフードは食べれないので、成長段階に合わせたドッグフードを選んでいく必要があります。
ドラッグストアやスーパーに行くとよく、年齢ごとに分けてあるドッグフードを見かけると思うのですが、これは年齢毎のワンちゃんの環境に負担をかけないためでもあるんですね。

そんな仔犬に向いているドッグフードは、小さめで柔らかいのが特徴です。
なので、この条件を満たした商品が最適とされています。
もちろん、通常のドッグフードをふやかして食べさせるという事もできるのですが、子犬といえでも食感は気にしているワンちゃんがほとんどです。
そのためふやかさなくても食感を残したまま、小さくて柔らかい状態で食べさせた方がワンちゃんも喜んでくれると思います。

これから仔犬のドッグフードを考えている方は、ドラッグストアやスーパーで仔犬のことを考えてあるドッグフードを選んでいく事をお勧めします。
そうすることでワンちゃんが喜んでドッグフードを食べてくれるようになりますよ。
安心安全なドッグフード選びを心がけましょう。