今やワンちゃんを飼っていない家庭はないと言っても過言ではないくらい沢山の家庭がワンちゃんを飼っています。
そんなワンちゃんも人間と一緒で、子犬とされる1歳未満の赤ちゃんの頃は食事の管理が自分で出来ないので、飼い主が管理してあげる必要があります。
仔犬の体型に合わない量のドッグフードを食べてしまうとお腹を壊したり、戻したりと心配な出来事が起きてしまいます。

では仔犬にはどのくらいの回数でドッグフードをあげていくと、体調に影響なく対応できるのでしょうか?
それは一歳未満でも時期で違ってくるので、時期にあわせて紹介していきます。

生まれて離乳食になったら、ふやかしたドッグフードを一日に3回~4回に分けてあげて下さい。
生まれて3カ月までは自分で、ドッグフードの管理が出来ないので回数を多めにして少ない量で上げていく事が大切です。
生まれて3カ月からはそのままのドッグフードを3回~4回に分けてあげて下さい。
3か月もたつと自分で噛むという力がつくのでふやかさなくても大丈夫です。

生まれて7ヶ月からはドッグフードをそのままの状態で2回に分けて与えるとちょうどいい形になります。
仔犬の定義は1歳までとなっているので、1歳になるまではワンちゃんの胃に負担をかけない形で対応する事が大切です。